不眠症とストレス社会

不眠症とストレスとは密接な関係があります。
ですから、不眠症の改善にはストレスの改善は
重要な位置を占めているのです。


対人関係で、仕事で、生活リズムで、
私たちは何らかのストレスを受けて悪戦苦闘しています。

働いていれば、
おそらくストレスを感じることが無い日はないでしょう。

ここで問題なのが、
あまり強いストレスを受け続けると、
それが原因で眠れなくなるということです。

 
その他にも、円形脱毛症になったり、
胃に穴が開いたり、ひどくなると
鬱病といった精神疾患にかかってしまたりします。

鬱病になったりしたら、
それこそ一大事です。


ですから、ここで
「不眠予防のストレスをためない心構え十ヵ条」
と題して書いてみたいと思います。


1、仕事で叱られても家に帰ったら忘れる。

2、誰かと意見が衝突しても、人は人、自分は自分と割り切る。

3、失敗やミスをしてもクヨクヨしないようにする。完璧主義は敵。

4、嫌なことや、できないことは「ノー」とハッキリ言う。

5、せかせかしないようにする。なるべくゆとりと余裕を持って行動を。

6、遊びや趣味を楽しむ。

7、人に良く見られたい褒められたいと思わないようにする。

8、早寝早起きの規則正しい生活を守る。

9、何でも話し合える友人・恋人を作る。

10、健康に注意し、体調を崩さないようにする。


以上、当たり前のことばかりですが
このような気持ちや考え方を持って
ストレスをためずに快適な睡眠を採りましょう。


スポンサード リンク

不眠症とストレス
不眠症とストレス社会
不眠症の原因
睡眠中のトラブル
不眠と時差ぼけ
不眠症とカフェイン
不眠症の改善と治療
不眠症と音楽療法
不眠症改善と牛乳
寝床内気象で不眠症治癒
不眠治療と運動
リンク
リンク集1

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

不眠症 不眠症対策と不眠症治療 トップページへ


スポンサード リンク

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

inserted by FC2 system