寝床内気象で不眠症治癒

不眠症の改善や不眠症の治療について
重要なことをお話します。

快適値に寝床内温度と湿度を保てば、
誰でも気持ちよくグッスリ眠れるという事になります。

この、不眠症治療における寝床内温度と湿度は
本当の気象と違って、
これは布団の組み合わせで一番良い状態を保つことができます。

快適値を保つために
季節や室温によって、
布団を変えたり組み合わせたりしましょう。


では、実際に室温に合わせて、
どのように布団を調整すれば良いのか、
寝具メーカーが紹介している、
「室温と寝床内を快適に保つための布団の組み合わせ」
を紹介します。


もちろん快適さには個人差があるので、
合わないようでしたら、
自分なりの工夫を加えてみてください。


●室温5℃前後は、羽毛布団+真綿布団。
 真綿布団の代わりに毛布を2枚使うのも良いです。
 羽毛布団の上に毛布をかけると、より保湿性が増して冬場は温かくなります。

●室温10℃前後は、羽毛布団+綿毛布、ウール毛布のいずれか。

●室温15℃前後は、羽毛布団。

●室温20℃前後は、真綿布団。

●室温25℃以上は、綿毛布かタオルケット。


綿素材の「タオルケット」と「綿毛布」は
吸湿性抜群で、
寝床の湿度調整にもってこいです。

汗っかきの人は
布団の下に入れて眠れば
湿気を吸収してくれるので、
さやわかに眠ることができます。

特に、タオルケットは
夏の暑くてじめじめした時には重宝し
不眠症が改善したという話も多いですね。

ただ、発汗が激しいと
汗を吸って重く感じたり、
体にまとわりついたりして、
寝苦しくなる場合があります。

タオルケットは、
タオルを大きくしたようなものです。
タオル地なので、何かに引っ掛かって、
ほつれた糸が伸びたりします。

でも値段の高いタオルケットは、
ほつれの防止策が取られているものが多く、
ほつれにくいので丈夫と言えます。

タオルケットは夏場に使う印象がありますが、
実は一年中使えるすぐれものです。

不眠症には快適な空間は不可欠です。
湿度調整にぜひ利用してみてください。


スポンサード リンク

不眠症とストレス
不眠症とストレス社会
不眠症の原因
睡眠中のトラブル
不眠と時差ぼけ
不眠症とカフェイン
不眠症の改善と治療
不眠症と音楽療法
不眠症改善と牛乳
寝床内気象で不眠症治癒
不眠治療と運動
リンク
リンク集1

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

不眠症 不眠症対策と不眠症治療 トップページへ


スポンサード リンク

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

inserted by FC2 system