不眠と時差ぼけ

不眠症を考える中で
不眠症と時差ぼけについて考えてみました。

飛行機のパイロットで
時差症候群の症状を調べたところ、
最も多かったのは
不眠などの睡眠障害、
次いで昼間に眠気に襲われるという訴えでした。

寝るべき時に眠れない、
起きていなければいけない時に眠い、
とといった回答を合わせると80%を超えます。

時差のズレが
いかに私たちの身体に深刻な影響を与えるか
わかりますね。


時差ぼけというのは本当にやっかいで、
根性とか精神力ではどうにもならないものです。

かつてアメリカのジョンソン大統領が
アジアを見て回ったとき、
会談を現地の午後10時に設定したそうです。

ワシントン時間で午前9時、
ちょうど朝の時間ですね。

眠い時間に会談しなくてはならないアジアの首脳にとっては
いい迷惑かもしれませんが、
ジョンソン大統領は、
「アメリカ合衆国大統領に会いたい者は、
こちらの都合に合わせることだ」
と言い放ったそうです。

それだけ時差ぼけによる体調不良を
恐れていたのですね。

また、一般的に
「東へ行く方が、時差ぼけは重い」
と言われています。


スポンサード リンク

不眠症とストレス
不眠症とストレス社会
不眠症の原因
睡眠中のトラブル
不眠と時差ぼけ
不眠症とカフェイン
不眠症の改善と治療
不眠症と音楽療法
不眠症改善と牛乳
寝床内気象で不眠症治癒
不眠治療と運動
リンク
リンク集1

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

不眠症 不眠症対策と不眠症治療 トップページへ


スポンサード リンク

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

inserted by FC2 system