睡眠中のトラブル

睡眠中に足がつって、
ぐっすり眠れなかっ〜っという経験はありませんか?

睡眠中に起こる足の吊りは、
大半が冷えと疲労・筋力不足・姿勢の悪さが原因です。

又、精神的に緊張することによって
けいれんを起こしやすくなります。


ストレスを上手に解消することも、
必要ということですね。


日頃、運動不足の人が、
急に運動したりすると起こることが多いです。

普段から、少しずつ運動をしておけば
予防になります。

運動後は、
整理体操やストレッチをして
筋肉を伸ばしておきましょう。

疲労が溜まった筋肉は、
筋肉の性格上、縮もう縮もうとします。

運動後にその筋肉を伸ばすことによって、
筋肉の持っている本来の柔軟性を取り戻し、
足が吊るのを防ぐことができるのです。

激しい運動をした覚えがない場合は、
下半身の筋肉が冷えて
血行が悪くなっていることが多いです。

そのため冷え性の人などは危険度が高いです。

お風呂に入って足を十分に温めたら、
軽くマッサージして足を伸ばしておきましょう。


スポンサード リンク

不眠症とストレス
不眠症とストレス社会
不眠症の原因
睡眠中のトラブル
不眠と時差ぼけ
不眠症とカフェイン
不眠症の改善と治療
不眠症と音楽療法
不眠症改善と牛乳
寝床内気象で不眠症治癒
不眠治療と運動
リンク
リンク集1

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

不眠症 不眠症対策と不眠症治療 トップページへ


スポンサード リンク

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

inserted by FC2 system